エア・リキード社の「エッセンシャル・スモール・モレキュール」コンテスト公募開始 [fr]

 エア・リキードグループは、2018年「エッセンシャル・スモール・モレキュール」コンテストの公募を開始しました。その目的は空気質改善と地球温暖化対策のため、イノベーションや新しい応用方法の開発を促進することです。

 今回のコンテストでは、次の3つのテーマが採用されました。

  • 「Lower-CO2 H2」-コストと温室効果ガス排出量を削減しながら、どのように価格競争力のある水素を生産するか?
  • 「H2 is coming」-化石燃料に頼る工業プロセスで温室効果ガス排出量を削減するため、どのように水素を利活用するか?
  • 「Sustainable farm to fork 」-2018年、低コストで環境と健康に優しい方法で、76億人分の食料需要に応えることは可能か?

 プロジェクトは個人またはグループで、1つまたは複数のテーマに応募できます。コンテストは大学、スタートアップ企業、民間・公的機関、民間の研究開発センター、起業家など、あらゆる分野の応募者に開かれています。

 応募は2018年9月20日(木)まで、下記の専用ページで受け付け中です。結果は2019年3月に発表予定です。

 受賞者には各部門5万ユーロが贈られるほか、プロジェクトを練り上げ、技術を商業化するため、エア・リキード社からすべての受賞者に総額150万ユーロが拠出されます。

詳細情報・応募

最終更新日 05/07/2018

このページのトップへ戻る