ローランス・ブーヌ・ヨーロッパ・外務大臣付 ヨーロッパ担当副大臣

© AFP - JPEG

1969年5月15日、ブローニュ=ビヤンクール(オー=ド=セーヌ県)生まれ

学歴

  • ロンドン・ビジネス・スクールで応用計量経済学博士号、レディング大学(イギリス)で計量経済学とマクロ経済モデリングの修士号を取得
  • パリ第10ナンテール大学で経済学修士号を取得
  • パリ第10ナンテール大学で定量分析とモデリングの専門研究課程修了証(DEA)を取得

職歴

  • エコール・ポリテクニーク(理工科学校)、国立統計経済行政学院(ENSAE)、高等師範学校、パリ政治学院・パリ国際学大学院の教員
  • 未来研究・国際情報センター(CEPII)、経済協力開発機構(OECD)などの経済研究センターや主要金融機関の研究員、とりわけバークレイズ・キャピタル・フランス、バンクオブアメリカ・メリルリンチ・グローバル・リサーチ、アクサグループのチーフエコノミスト
  • フランス大統領府多国間・ヨーロッパ経済・金融問題担当特別顧問
  • 経済協力開発機構(OECD)のチーフエコノミスト、次いで事務次長(2018年)
  • ヨーロッパ担当副大臣(2022年7月より)

最終更新日 12/10/2022

このページのトップへ戻る