NIMS前理事長の潮田資勝氏がレジオン・ドヌール勲章を受章 [fr]

 物質・材料研究機構(NIMS)前理事長の潮田資勝氏が11月29日、フランス大使公邸で行われた叙勲式で、ティエリー・ダナ大使により、レジオン・ドヌール勲章シュヴァリエに叙されました。

JPEG - 286.1 kb
物質・材料研究機構(NIMS)前理事長の潮田資勝氏
© 在日フランス大使館

 潮田氏は東京都立日比谷高校卒業後、アメリカに留学。ダートマス大学を卒業、ペンシルバニア大学大学院博士課程を修了後、カリフォルニア大学アーバイン校の教壇に立ちました。20年にわたるアメリカ生活を経て日本に帰国し、東北大学教授に就任、理化学研究所フォトダイナミクス研究センター長、北陸先端科学技術大学院大学長を歴任しました。2008年より国立研究開発法人物質・材料研究機構(NIMS)に所属、翌年に同機構理事長に就任しました。

JPEG - 68.6 kb
潮田資勝NIMS前理事長とティエリー・ダナ駐日フランス大使
© 在日フランス大使館

 NIMS理事長在任中、特にフランスをはじめとする海外に門戸を開くことに大きく尽力しました。潮田理事長の主導のもとに、NIMSとフランスのサンゴバン社が共同研究拠点を設立。2014年にフランス国立科学研究センター(CNRS)の研究チームが加わり、民間パートナーが参加した日仏間で初の国際共同研究ユニット(UMI)「LINK(Laboratory for Innovative Key Materials and Structures)」が誕生しました。潮田氏はフランスのグルノーブル市にあるイノベーション・キャンパス「GIANT」とNIMSの連携強化でも重要な役割を果たし、このことが「NIMS-GIANT連携センター」の開設につながりました。

 今般の叙勲式は、日仏両国の首相が2015年に立ち上げた「日仏イノベーション年」の一環として行われ、潮田氏が材料科学分野で日仏協力の発展に果たした極めて重要な役割を際立たせるものとなりました。

最終更新日 25/05/2017

このページのトップへ戻る