ベルリンの状況に関する声明 [fr]

 フランス大統領府とジャン=マルク・エロー外務・国際開発大臣は12月19日、ドイツのベルリンでトラックが多くの死傷者を出したことを受けて声明を発表しました。

JPEG

フランス大統領府声明(2016年12月19日)

 フランス共和国大統領は、ベルリン中心街でトラックがクリスマス市の人込みにおいて多くの犠牲者を出したことを受けて、メルケル首相、ドイツ国民、犠牲者のご家族に連帯と同情の意を表明します。

 フランス国民は、ヨーロッパ全体を襲ったこの悲劇に直面し、ドイツ国民の深い悲しみを分かち合います。

ジャン=マルク・エロー外務・国際開発大臣(2016年12月19日)

 私は今夜、クリスマス市で数人の死者と多くの負傷者が出たというベルリンからの情報に戦慄を覚えています。私は何よりもまず犠牲者の方々、そのご家族と近親者の方々に思いを馳せています。フランスはこの暗く悲しいときにおいて、ドイツの側に寄り添います。

最終更新日 25/05/2017

このページのトップへ戻る