国連安保理がシリア停戦に関する決議2336号を採択 [fr]

 フランス外務・国際開発省報道官は2016年12月31日、国連安全保障理事会決議2336号の採択に関する声明を発表しました。

フランス外務・国際開発省報道官声明(2017年12月31日)

 決議2336号が全会一致で採択されたことは、国際社会がシリアの停戦実施を重視していることの表れです。フランスはかねてから、それを願っていました。

 フランスは今では、民間人の生命を守るとともに、人道支援への完全なアクセスを可能にするため、停戦が完全に順守されることを願います。

 政治交渉が国連の庇護下で、ジュネーヴ声明と安保理の関連決議に基づいて再開されることも喫緊の課題です。フランスはこれに全面的に関与します。

最終更新日 05/01/2017

このページのトップへ戻る