クイズでわかるフランス大統領選挙 [fr]

 フランス大統領選挙が2017年4月23日と5月7日に実施されます。フランス大統領選挙の知識を試す10のクイズに答えてみましょう。

JPEG

1. 大統領選挙に投票できる年齢は?

A. 16歳 B. 18歳 C. 21歳

正解

  • B

フランス第5共和国憲法第3条によれば、成人年齢であることが選挙人になるための要件の一つです。フランスでは、成人年齢が1974年より18歳と定められています。

2. 大統領選挙に投票できない人は?

A. 受刑者 B. 外国に在留するフランス人 C. フランスに在留する外国人

正解

  • C

フランス第5共和国憲法第3条によれば、フランス国籍を有することが選挙人になるための要件の一つです。フランスに在留する外国人は、大統領選挙に投票することができません。

3. 大統領の選出方法は?

A. 絶対多数・単記名1回投票制 B. 絶対多数・単記名2回投票制 C. 絶対多数・複数記名2回投票制

正解

  • B

フランス共和国大統領は、絶対多数・単記名2回投票制で選出されます。第1回投票で選出されるには、絶対多数(有効投票数の50%+1票)を獲得する必要があります。いずれの候補者の得票数も絶対多数に達しなかった場合、第2回投票が実施されます。第2回投票には第1回投票で最多得票を得た上位2人が立候補できます。第2回投票では相対多数を獲得すればよく、最も多数の票を得た候補者が当選します。

4. 直接普通選挙による大統領選挙が制定されたのは何年?

A. 1958年 B. 1962年 C. 1965年

正解

  • B

大統領公選制は1962年、同年10月28日に実施された国民投票の結果を受けて、第5共和政下で制定されました。この改革以前は、1958年憲法により、フランス共和国大統領は約8万人の選挙人団(国会議員、県議会議員、市町村議会議員)による間接普通選挙で選出されると規定されていました。直接普通選挙による最初の大統領選挙が実施されたのは1965年です。

5. 大統領選挙に立候補できるのは何歳から?

A. 18歳 B. 23歳 C. 33歳

正解

  • A

成年であることが大統領選挙の被選挙権を得る要件の一つです。すなわち、立候補できる年齢は18歳以上です。

6. 大統領候補者を推薦できるのは?

A. 主要政党の代表 B. 法律で権限を与えられた議員 C. 選挙人名簿に登録されたすべての人

正解

  • B

1976年6月18日付組織法により、大統領選挙に立候補するには、少なくとも30以上の異なる県または海外自治体の議員500人の署名を集めなければなりません。ただし同一の県または海外自治体の議員が全体の10分の1、すなわち50人を超えてはなりません。1962年11月6日付組織法によって、候補者を推薦する権限を有する議員名簿が定められました。2016年4月25日付法律によって、フランスの地方制度改革による修正が加えられ(例えば、メトロポール議長の追加)、候補者を推薦する権限を有する議員名簿が更新されました。

7. 候補者が資産状況報告書を提出する機関は?

A. 会計院 B. 憲法院 C. 公的生活透明性高等機関

正解

  • B

各候補者は任期終了時に資産状況申告書を提出する旨の誓約書(当選した場合)と、当選した場合にのみ開封される、封印した資産状況申告書を憲法院に提出しなければなりません。

8. 選挙適用ルールに関する2016年4月付法律がもたらした大統領選挙の変更点は?

A. 白票に関する適用ルール B. 選挙運動費用に関するルール C. 音声や映像による選挙運動のルール

正解

  • C

2016年4月25日付通常法・組織法は、音声や映像による選挙運動、推薦、投票手続きなどに関する大統領選挙適用ルールの現代化を目的とします。

9. 第1回投票と第2回投票の間に候補者の1人が死亡した場合は?

A. もう1人の候補者が自動的に当選する B. 新たに選挙が行われる C.第1回投票で次点だった候補者が繰り上げられて、第2回投票が行われる

正解

  • B

第1回投票と第2回投票の間に候補者の1人が死亡した場合、憲法は選挙手続き全体が新たに行われなければならないと規定しています。

10. 選挙結果を公表できるのはいつ?

A. 投票日の20時 B. 投票日の19時 C. フランス全土で最後の投票所が閉鎖したとき

正解

  • C

大統領選挙では、フランス全土が唯一の選挙区となります。したがって部分的または最終的な結果は、最後の投票所が閉鎖するまで、報道機関を通じでも、あらゆる電子通信手段を通じても、フランス本土で一切公表できません。大統領選挙適用ルールの現代化に関する2016年4月25付法律は、投票終了時刻を19時、地域によって特例的に20時まで延長可能と定めています。

最終更新日 12/05/2017

このページのトップへ戻る