パキスタン・ラホールで発生したテロに関する声明 [fr]

 フランス外務・国際開発省報道局副局長は2月14日、パキスタンのラホールで前日発生したテロを非難する声明を発表しました。

 フランスはパキスタン・パンジャブ州の州都ラホールにある州議会庁舎付近で2月13日に行われていた平和的デモを狙い、数十人の死者と多数の負傷者を出したテロを最も断固とした形で非難します。

 フランスはこの悲劇的な状況の中、犠牲者のご家族に哀悼の意を表するとともに、負傷者の方々にお見舞い申し上げます。

 テロという害悪に直面し、フランスは揺るぎない決意を改めて表明するとともに、パキスタン国民の側に立ちます。

最終更新日 17/02/2017

このページのトップへ戻る