マティアス・フェクル貿易・観光振興・在外フランス人担当大臣が強制失踪防止条約10周年記念会合に出席 [fr]

 マティアス・フェクル外務・国際開発大臣付貿易・観光振興・在外フランス人担当大臣は2月17日、国連総会議長が強制失踪防止条約(強制失踪からのすべての者の保護に関する条約)10周年を記念して開催したハイレベル会合に、フランスを代表して出席しました。

 この条約は不処罰と闘うとともに、条約が権利を認める失踪者の近親者を支援するためのツールです。

 フランスは30年来、国連で強制失踪との闘いに取り組んでいます。今後もこの条約の普遍的な批准のために全力を注ぎ続けます。

JPEG

最終更新日 20/02/2017

このページのトップへ戻る