第3回「グード・フランス」、世界各地で開催 [fr]

 第3回「グード・フランス」が3月21日、ジャン=マルク・エロー外務・国際開発大臣とフランス料理シェフ、アラン・デュカス氏の主導の下で開催されました。世界各地のレストラン2.000店、料理学校71校、150の大使館が、フランスの美食を祝うイベントに参加しました。

 今年の「グード・フランス」は、フランス流の生活美学と地域産品の魅力を広く発信すると同時に、とりわけ外食産業、ホテル業、観光業に関する職業教育が前面に押し出され、世界中の学校や学生がイベントに参加しました。

 パリでは、エロー大臣が3月21日、開幕イベントに出席するために凱旋門を訪れました。一流シェフ10人と料理学校6校が協力して、約1,000人の観光客やパリ市民に試飲・試食を提供しました。

関連記事

最終更新日 22/03/2017

このページのトップへ戻る