世界水の日 [fr]

 フランスは世界水の日を共に祝います。今年のテーマは汚水です。

JPEG

 人間活動により生じる汚水の80%以上が、未処理のまま河川や海洋に排水されています。

 24億人がトイレなどの基本的な衛生施設を利用できません。毎日1,000人の子どもが、下水・衛生環境の改善によって容易に防げる病気で死亡しています。

 フランス外務・国際開発省は、国の関係機関や市民団体、企業などと連携しながら、国際連合が2010年に人権として認めた上下水道を利用する普遍的権利の実現に向けて取り組んでいます。この目標の達成には、水資源の統合的・持続的管理と手の届く価格のサービスの創設が必要です。

 人口1人当たりの利用可能淡水量が、人口増加や経済成長、気候変動に伴い減少する中で、下水処理水の再利用はとりわけ極端な淡水不足に悩む地域で有望視されています。

最終更新日 22/03/2017

このページのトップへ戻る