第1回日仏独ワークショップ「エクサスケールのプログラミング&コンピューティングと将来展望」 [fr]

 第1回日仏独ワークショップ「エクサスケールのプログラミング&コンピューティングと将来展望」が4月5日(水)、東京・南麻布の在日フランス大使館で開催されます。中国、アメリカ、日本、ヨーロッパが科学技術分野でしのぎを削る重要なテーマです。

JPEG

 フランスのシミュレーション・ハウス(Maison de la Simulation)、日本の理化学研究所、在日フランス大使館は、2014年4月に東京で開催した日仏カンファレンス「エクサスケールスパコンによる計算科学」に続いて、高性能計算をめぐる日仏独の新たなイベントを共同開催します。

 今般のワークショップの目的は、情報科学分野の研究者とシミュレーションおよびデータ分析のツールの利用者が一堂に会する機会を提供することです。このイベントは在日フランス大使館で開催され、とりわけ日本の科学技術振興機構(JST)、フランス国立研究機構(ANR)、ドイツ研究振興協会(DFG)の3機関が出資するエクサスケール・コンピューティング向けソフトフェア研究開発プログラム「SPPEXA」の枠内で進められている3カ国間協力の現状を取り上げる機会にもなります。

 プログラム、参加登録、詳細情報については、こちらの特設ホームページをご覧ください。

最終更新日 24/04/2017

このページのトップへ戻る