日仏鉄道技術シンポジウム2017-都市鉄道と近未来 [fr]

 「日仏鉄道技術シンポジウム2017-都市鉄道と近未来」が4月23日(日)、東京・恵比寿の日仏会館で開催されます。

 世界中で都市鉄道が恒常的に発展する中、数多くの技術的課題が出現しています。無人運転や無線式列車制御システム(CBTC)をはじめ、省エネルギー化、ICカードを活用した出改札自動化、わかりやすい案内情報システム、旅客の安全と治安対策などです。

 日本とフランスはこれらの分野に特に積極的に取り組んでいます。今般のシンポジウムは、パリ交通公団(RATP)、アルストム社、フランス運輸・整備・ネットワーク科学技術研究所(IFSTTAR)、JR東日本、鉄道総合技術研究所、東京地下鉄などの専門家が一堂に会する機会となります。鉄道の現在の課題を明らかにするとともに、それらの解決に向けた協力の道筋を探ります。

  • 日時:2017年4月23日(日) 13:30~18:00 懇親会 18:00より
  • 主催・共催:日仏工業技術会、在日フランス大使館、日仏会館、鉄道総合技術研究所
  • 会場:東京都渋谷区恵比寿3-9-25 日仏会館1階ホール
  • 言語:日・仏語同時通訳あり
  • 参加費:無料(ただし資料代:1,000円、懇親会参加費:4,000円)
  • 事前登録:日仏工業技術会に電子メール(sfjti [at] t3.rim.or.jp)またはファクス( 03-5424-114)で
  • プログラムをダウンロード(PDF - 109.3 ko)

最終更新日 29/03/2017

このページのトップへ戻る