イマジン研究所が研究グループを指揮する研究者を募集 [fr]

 イマジン研究所は遺伝子疾患研究を専門とする学際的な研究機関です。25の研究ラボと3つの共同研究ラボで構成され、中でも遺伝学、免疫学、感染症、発達障害に関する研究に取り組んでいます。

JPEG

 パリ中心部のネッケル小児病院の敷地内にあるイマジン研究所は、パリ第5大学(パリ・デカルト大学)、フランス国立保健医学研究機構(Inserm)、パリ公的扶助病院(AP-HP)の研究者、教授、臨床医が集まる、研究と治療が密接に結びついた研究機関です。

 ここで取り組まれる研究テーマは多岐にわたりますが、中でも希少遺伝子疾患の研究はイマジン研究所が特に発展をめざして力を入れている基軸テーマです。

 そこでイマジン研究所は、研究スタッフ410人からなるネットワークのさらなる充実を図るため、特に神経化学、発達、幹細胞、生命情報学をはじめとする希少遺伝子疾患分野の複数の研究チームを指揮する研究者を募集しています。若手研究者も中堅研究者も経験に応じて採用可能です。

 イマジン研究所は細胞イメージング、フローサイトメトリー、生命情報学、病態生理学、遺伝学などの分野の最先端設備に加えて、マウスやゼブラフィッシュのようなモデル生物の飼育・培養設備も完備しています。

 応募書類は2017年5月29日(月)までに電子メールで newgroups@institutimagine.org あてに送信してください。

応募必要書類

  • 詳細な履歴書、発表論文リスト
  • 過去および現在の研究内容(2ページ)
  • 将来の研究プロジェクト(5ページ)
  • 推薦状(合計3ページまで)も併せて提出すること

 詳細はイマジン研究所ホームページをご覧ください。

最終更新日 07/04/2017

このページのトップへ戻る