ストックホルムで発生したテロに関する仏独外相共同声明 [fr]

 ジャン=マルク・エロー外務・国際開発大臣とドイツのジグマール・ガブリエル外務大臣は4月7日、スウェーデンのストックホルムで発生したテロを受けて共同声明を発表しました。

仏独外相共同声明(2017年4月7日)

 我々はスウェーデンがこのようなテロ行為の犠牲になったという事実に強い衝撃を受けています。

 我々の隣国の人権、平和、正義のためのコミットメントは絶対的です。

 ストックホルムの中心部から届いた映像に接し、我々の憤りはさらに強まっています。

 我々はスウェーデン国民の不安を共有するとともに、心の中で彼らに、そして犠牲者とそのご家族およびご友人に寄り添います。この困難なときにおいて、我々は友人であるスウェーデン人の側に立ち続けます。

 我々はこの残虐な行為の全容が解明されることを期待します。

最終更新日 10/04/2017

このページのトップへ戻る