アメリカがシリア科学者に制裁 [fr]

 フランス外務・国際開発省は4月24日、アメリカのシリア科学者制裁を歓迎する声明を発表しました。

 アメリカはシリアのハーン・シャイフーンで4月4日に行われた許し難い攻撃を受けて、化学兵器の開発に関与したシリア科学研究調査センターの科学者271人に制裁を科す決定を下しました。フランスはこの決定を歓迎します。

 フランスはシリア政権による化学兵器使用と、それによる残虐行為を強く非難します。化学兵器使用は、シリアが化学兵器禁止条約(CWC)の批准を通して結んだ国際約束に違反します。CWCはこのような大量破壊兵器の開発、生産、貯蔵、使用を禁止しています。

 ハーン・シャイフーンに対する攻撃の状況を明らかにするため、化学兵器禁止機関(OPCW)が率いる調査が進行中です。われわれは調査に対する全面的支持を改めて表明します。

関連記事

最終更新日 26/04/2017

このページのトップへ戻る