KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭2017 [fr]

 「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭2017」が5月14日(日)まで開催されています。5回目を迎える今年のテーマは「LOVE 」、さまざまな写真展が京都市内16カ所の会場で開催中です。

The elusive Chauvet-Pont-d'Arc Cave / ショーヴェ洞窟
The elusive Chauvet-Pont-d’Arc Cave / ショーヴェ洞窟
© Raphaël Dallaporta - ラファエル・ダラポルタ
The elusive Chauvet-Pont-d'Arc Cave / ショーヴェ洞窟
The elusive Chauvet-Pont-d’Arc Cave / ショーヴェ洞窟
© Raphaël Dallaporta - ラファエル・ダラポルタ
The elusive Chauvet-Pont-d'Arc Cave / ショーヴェ洞窟
The elusive Chauvet-Pont-d’Arc Cave / ショーヴェ洞窟
© Raphaël Dallaporta - ラファエル・ダラポルタ

 
 日本でも数少ない国際的な写真祭 「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭」が、世界有数の文化都市である京都を舞台に開催されています。今年のテーマは「LOVE」、写真を通して「愛」を共有します。

 アーノルド・ニューマン、山城知佳子、ジャダ・リパ、ハンネ・ファン・デル・ワウデ、吉田亮人、スーザン・バーネット、ルネ・グローブリ、ロバート メイプルソープ、イサベル・ムニョス、ヤン・カレン、荒木経惟、マウリツィオ・カテラン&ピエールパオロ・フェラーリ、ザネレ・ムホリなど、世界で活躍する有名写真家の作品が展示されるほか、フランス国立ギメ東洋美術館の写真コレクションも公開されます。

 フランス大使館とアンスティテュ・フランセ日本は、本写真祭のさまざまな写真展の中でも、とりわけフランス人アーティストのラファエル・ダラポルタの企画を支援しました。ダラポルタはキュレーターにグザヴィエ・バラルを、音響に原摩利彦を迎えて、フランスのショーヴェ洞窟を360度撮影したシリーズを、京都文化博物館別館1階で展示しています。従来の写真展の枠を超えた展示手法により、約3万6,000年前の壁画に彩られた起伏に富んだ洞窟内部を再現します。

【期間】 2017年4月15日(土)~5月14日(日)
【会場】 京都市内16会場
【公式HP】 KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭2017

最終更新日 27/04/2017

このページのトップへ戻る