北朝鮮が弾道ミサイル発射 [fr]

 フランス外務・国際開発省は4月29日、北朝鮮による弾道ミサイル発射に関する声明を発表しました。

 最初に入手した情報によると、北朝鮮が再び弾道ミサイルを発射しました。この試験発射は失敗したとはいえ、実戦用核能力を保有するという北朝鮮政権の意思を確証するものであり、国際の平和と安全に対する脅威です。我々の集団的責任は、毅然とした態度で断固として対応することです。

 フランスは北朝鮮に対し、国際的義務に直ちに従うとともに、核・弾道ミサイル計画を完全、検証可能かつ不可逆的な形で放棄するよう呼びかけます。当面は、北朝鮮は朝鮮半島の緊張を一層高め、国際の平和と安定を脅かす恐れがある、あらゆる行為を無条件に自制しなければなりません。

最終更新日 01/05/2017

このページのトップへ戻る