「技を極める-ヴァン クリーフ&アーペル ハイジュエリーと日本の工芸」展 [fr]

 「技を極める-ヴァン クリーフ&アーペル ハイジュエリーと日本の工芸」展が8月6日(日)まで、京都国立近代美術館で開催されています。

"Bird brooch"/バード クリップ
"Bird brooch"/バード クリップ
"Fuchsia clip"/フューシャ クリップ
"Fuchsia clip"/フューシャ クリップ
"Snow dance [yukimai] " by Kunihiko Moriguchi/森口邦彦 《友禅着物 雪舞》
"Snow dance [yukimai] " by Kunihiko Moriguchi/森口邦彦 《友禅着物 雪舞》
”Pot with butterflies and flower arabesque patterns” by Namikawa Yasuyuki 並河靖之 《蝶に花丸唐草文飾壺》
”Pot with butterflies and flower arabesque patterns” by Namikawa Yasuyuki
並河靖之 《蝶に花丸唐草文飾壺》

 
 日本とフランスの工芸の大家に共通する価値観を本展を通して紹介することを趣旨とした主催者にとって、日本の文化の中心地であり、美術手工芸発祥の地である京都を開催地に選ぶことは当然の成り行きでした。

 本展はヴァン クリーフ&アーペルのハイジュエリー制作のノウハウを紹介するのみならず、このノウハウを日本の熟練した工芸職人の技(染織、陶芸、漆器、刺しゅうなど)とともに展観します。

 19世紀と20世紀の日本の工芸作品と、ヴァン クリーフ&アーペルのハイジュエリーが同時に展示されます。京都で実践される極めて精緻な技術とパリのハイジュエリーメゾンの技術を結びつけることで、単なる装飾品を超えた逸品を生み出す技の極みを浮かび上がらせます。

会期 2017年4月29日(土)~8月6日(日)
会場 京都国立近代美術館
主催 京都国立近代美術館、日本経済新聞社、京都新聞
特別協力 ヴァン クリーフ&アーペル

 詳細は本展公式ホームページをご覧ください。

最終更新日 09/05/2017

このページのトップへ戻る