第70回カンヌ国際映画祭 [fr]

 第70回カンヌ国際映画祭が5月18日(木)から27日(土)まで開催されます。日本人監督作品も出品されます。

第70回カンヌ国際映画祭
第70回カンヌ国際映画祭
河瀬直美監督の最新作『光』
河瀬直美監督の最新作『光』
© 2017 Kino Films – Comme des cinémas - Kumie
平柳敦子監督の初長編『Oh Lucy!(オー・ルーシー!)』
平柳敦子監督の初長編『Oh Lucy!(オー・ルーシー!)』
© 2017 Match Girls Pictures

 
 カンヌ映画祭常連の河瀬直美監督は、日仏合作の最新作『光』をコンペティション部門に出品します。

 黒沢清監督は『散歩する侵略者』を「ある視点」部門に出品します。この部門に出品した作品は、2001年の『回路』、2008年に審査員賞を受賞した『トウキョウソナタ』、2015年に監督賞を受賞した『岸辺の旅』に続いて4作目。

 若手の平柳敦子監督は、初長編『Oh Lucy!(オー・ルーシー!)』を「批評家週間」部門に出品する快挙を遂げました。

 カンヌ映画祭の歴史に足跡を残した1946年から1992年までの16作品が、カンヌ・クラシックで上映されます。その中で日本映画の巨匠の作品2本が上映されます。

  • 大島渚監督『愛のコリーダ』、1976年のカンヌ映画祭「監督週間」部門に出品
  • 今村昌平監督『楢山節考』、1983年にパルム・ドールを受賞

最終更新日 18/05/2017

このページのトップへ戻る