北朝鮮がミサイル発射 [fr]

 フランスのヨーロッパ・外務省は5月22日、北朝鮮による新たなミサイル発射を非難する声明を発表しました。

ヨーロッパ・外務省報道官声明(2017年5月22日)

 フランスは、北朝鮮による国連安全保障理事会諸決議の度重なる違反と、同国が5月21日に実施した新たなミサイル発射の発表を非難します。

 北朝鮮は不正な核・弾道ミサイル計画の続行を通して、核不拡散体制に違反するとともに、北東アジアの安定と国際の安全を大きく脅かしています。

 フランスは地域のパートナー諸国の側に立って、北朝鮮がその計画および核兵器・弾道ミサイルを完全で不可逆的かつ検証可能な形で放棄するという目標を改めて明確に示します。

 フランスは情勢の緊急性を確信し、23日(水曜日)に開かれる安全保障理事会が毅然とした態度で、迅速かつ断固とした対応を取るよう要求します。

最終更新日 23/05/2017

このページのトップへ戻る