EIG CONCERT-Japanが「効果的なエネルギー貯蔵と配分」分野の共同研究課題を募集 [fr]

 EIG CONCERT-Japanでは、日本とヨーロッパの研究交流支援の一環として、「効果的なエネルギー貯蔵と配分」分野の共同研究課題を募集しています。

JPEG

 EIG [1] CONCERT-Japan [2]は2017年5月2日、「効果的なエネルギー貯蔵と配分」に関する共同研究課題の募集を開始しました。

 今回の公募には、フランス国立科学研究センター(CNRS)を含むヨーロッパ8カ国の8機関と、日本の科学技術振興機構(JST)が研究支援機関として参加します。

 応募対象は官民研究機関、高等教育機関、企業の研究者(募集要項 Part 2: National and Regional Funding Regulations参照)。応募期限は2017年7月14日(金)。

 EIG CONCERT-Japanは、ヨーロッパ連合(EU)の「ホリズン2020」プログラムの優先的テーマや補完的なテーマをめぐり、ヨーロッパと日本のメンバー機関の協力関係を強化することを目的とします。応募プロジェクトには、被選出資格を有するヨーロッパ2カ国の2機関以上と日本の1機関が含まれていなければなりません。研究期間は3年です。

 詳しくはEIG CONCERT-Japan公式ホームページ(英語)をご覧ください。

[1European Interest Group for Japan

[2Connecting and Coordinating European Research and Technology Development with Japan

最終更新日 21/07/2017

このページのトップへ戻る