インテリアライフスタイル展にフランス・パビリオン出展 [fr]

 フランス企業10社が6月14日(水)から16日(金)まで、東京都江東区の東京ビッグサイトで開催される国際見本市「インテリアライフスタイル」に出展し、メード・イン・フランスのノウハウを紹介します。

JPEG

 フランス経済の国際化を促進する国の機関「ビジネスフランス」が、イール=ド=フランス地域圏手工業会議所と連携して開設する今回のパビリオンは、親和性、独創性、日本人の繊細な嗜好に応える伝統とモダンが融合した、フランス流の生活美学のショーウィンドーです。

 フランスでは、デザインは活力あふれる分野です。ル・リュー・デュ・デザインのローラン・デュテイユ代表によると、3万人から4万人の専門家が働いているほか、2013年の総売上高は50億ユーロに上るとみられます。

 パリでは、ヨーロッパ3大ライフスタイル専門見本市の1つとして知られるメゾン・エ・オブジェが2017年1月に開催され、2,871社が出展し、139カ国から9万人が来場しました。

最終更新日 13/06/2017

このページのトップへ戻る