ドイツのヘルムート・コール元首相の死去に関する声明 [fr]

 フランス大統領府とジャン=イヴ・ル・ドリアン・ヨーロッパ・外務大臣は6月16日、ドイツのヘルムート・コール元首相の死去を受けて、それぞれ声明を発表しました。

フランス大統領府声明(2017年6月16日)

 エマニュエル・マクロン大統領は、ドイツのヘルムート・コール元首相の訃報に接し、惜別の念を抱きました。

 ヘルムート・コール氏は、ヨーロッパと自由世界の偉人の一人でした。

 ヘルムート・コール氏は祖国統一の立役者であるとともに、フランソワ・ミッテラン氏とヨーロッパの統合を推進し、仏独関係を深化させました。

 ヨーロッパの偉大な成果は、シェンゲンにせよ、単一通貨にせよ、ヨーロッパ防衛の始まりにせよ、ヘルムート・コール氏に負うところが大きいのです。

 改革者であり、洞察力に優れた統合推進派だったヘルムート・コール氏は、私たちの共通の歴史に足跡を残しました。

 マクロン大統領は、アンゲラ・メルケル首相とドイツに弔意と友情を表明します。

ジャン=イヴ・ル・ドリアン・ヨーロッパ・外務大臣の声明

 ご遺族ならびにドイツの当局と全国民に衷心より哀悼の意を表します。

 平和の立役者であるヘルムート・コール氏は、フランソワ・ミッテラン氏とともに、民主主義的価値観を中心に団結した、自由で力強いヨーロッパの構築に尽力しました。

 この洞察力に優れた取り組み方は、未来世代の利益と開花のために私たちを導き続けるに違いありません。

最終更新日 19/06/2017

このページのトップへ戻る