ジャーナリストのビザ [fr]

 ジャーナリスト用ビザは、申請者の雇用形態によって、以下の3つの申請手続きが適用されます。

 いずれのビザ申請手続きも、フランスに90日以上滞在し、ジャーナリストの活動を行う意図のある外国人を対象とします。

  • 本社がフランスにある企業(例えば通信社)に雇用されているジャーナリストの場合は、「就労ビザ」の申請手続きが適用されます。
  • 本社がフランスにない通信社で、フリージャーナリストまたは派遣ジャーナリストとして就労する場合は、「自由業・個人事業主ビザ」の申請手続きが適用されます。必要書類リストについては、職業を明記の上、電子メールでビザセクションにお問い合わせください。

海外メディアの派遣ジャーナリストとしてフランスに駐在する場合

 この場合の派遣ジャーナリストは、フランス到着後30日以内に、パリのヨーロッパ・外務省報道担当部門にある外国人ジャーナリストの認定オフィスに申請してください。

最終更新日 22/06/2017

このページのトップへ戻る