ヨルグ・ミュレールのパフォーマンス「モビール」 [fr]

 フランスで活動するパフォーマンスアーティスト、ヨルグ・ミュレールが7月22日(土)、23日(日)、24日(月)の3日間、東京・杉並区の「座・高円寺」で開催される演劇フェスティバル「世界をみよう!」で『モビール』を上演します。

 『モビール』は宙吊りの金属パイプを使ったパフォーマンスアートで、パイプが互いにぶつかったり、アーティストがたたいたりすると、巨大なカリヨン(組鐘)のような美しいハーモニーを響かせます。ヨルグ・ミュレールは物理学の法則に逆らいながら、6メートルの高さから吊るされた金属パイプとパフォーマンスを繰り広げます。パイプはミリ単位の軌道で、お互いの周りを舞い、重力にとらえられて衝突し合うまで円を描きます。目でも耳でも楽しめる魅力的なアート作品です。

 上演時間は20分。

 本作品は7月28日(金)に長野県の茅野市民館で、8月2日(水)と3日(木)に同県の長野市芸術館でも上演されます。

 各公演の詳細は下記リンクをご覧ください。

最終更新日 12/07/2017

このページのトップへ戻る