「ATM tempo I/II/III セロニアス・モンクに捧ぐ」エマニュエル・ソーニエ展 [fr]

 エマニュエル・ソーニエの作品は、歴史的な出来事や惨事を参照しながら、人間の実存について根源的な問いを投げかけ続けています。銀座メゾンエルメス フォーラムで開催されている本展では、他に類を見ない表現方法を通して、ジャズに着想を得ながら、即興と反響の間で実存を追求しています。

Place noire | 2007 Pieces of black asphalt | Installation view at Atelier Brancusi, Centre Pompidou, Paris Photo: Sébastien Gschwind
Place noire | 2007
Pieces of black asphalt | Installation view at Atelier Brancusi, Centre Pompidou, Paris
Photo: Sébastien Gschwind
© Courtesy of the artist
Trans | 2012 Metal, stainless steel | 140 x 65 cm | Photo: Tadzio
Trans | 2012
Metal, stainless steel | 140 x 65 cm | Photo: Tadzio
© Courtesy of the artist
Round Midnight | 2016 Burnt and carved wood, ink, glass, dry ink | Installation view at Palais de Tokyo, Paris Photo: André Morin
Round Midnight | 2016
Burnt and carved wood, ink, glass, dry ink | Installation view at Palais de Tokyo, Paris
Photo: André Morin
© ADAGP, Paris 2017 Courtesy of the artist
Solo, Without forgetting forgetfulness | 2015 Glass, ink, water | 400 x -4 cm each, set of 2 | Installation view at Mori Art Museum, Tokyo Photo: Zack Barouti
Solo, Without forgetting forgetfulness | 2015
Glass, ink, water | 400 x -4 cm each, set of 2 | Installation view at Mori Art Museum, Tokyo
Photo: Zack Barouti

 
 リズムと即興性、そして沈黙。銀座メゾンエルメスフォーラムで展示されているエマニュエル・ソーニエの作品は、アメリカのジャズピアニスト、セロニアス・モンクの音楽に着想を得ています。本展は2 月にパリのパレ・ド・トーキョーで開催されたソーニエの個展『Black Dancing』から発展し、セロニアス・モンクへのオマージュとして構想されました。1963年に東京で行われたモンクの即興演奏からインスピレーションを受け、楽曲のように3 つのパート(tempo I/ II/III)を組み立てます。

 自身が愛してやまない透明なガラス、削られた木材、アスファルトや乾いたインクは、ジャズのような自由さをもって光と影の遊びを生み出します。展示作品は訪れる人々の存在に反応し、独自のリズムを奏でます。

 フォーラムでは彼と親交の深いアーティストたちの作品や、彼が教べんを執っているパリ国立高等美術学校の生徒たちの作品も展示されています。それらを通して、エマニュエル・ソーニエの哲学を垣間見ることができるでしょう。こうした作品群の中に身を置けば、フランスのアートシーンの前線で活躍する1952年生まれのエマニュエル・ソーニエの人物像が浮かび上がってくるはずです。

 ソーニエはエルメス財団との親交も深く、財団のギャラリー「La Verrière」での個展(ブリュッセル、2002 年)に加えて、ポンピドゥー・センター・メスで開催後、森美術館に巡回したエルメス財団共同企画展「シンプルなかたち」展(2014~15年)にも出展しています。また、若いアーティスト向けのレジデンス・プログラムで、メンター(2010~14 年)を務めました。

 本展は7月14日(金)から10月31日(火)まで開催。詳細は銀座メゾンエルメスフォーラムのホームページをご覧ください。

オープニングセレモニー

 ローラン・ピック駐日フランス大使が7月13日、銀座メゾンエルメスフォーラムで開催されたオープニングセレモニーに出席しました。

ローラン・ピック駐日フランス大使
ローラン・ピック駐日フランス大使
エルメスジャポンの有賀昌男社長(左)
エルメスジャポンの有賀昌男社長(左)
エルメスのアーティスティック・ディレクター、ピエール=アレクシス・デュマ氏(左)
エルメスのアーティスティック・ディレクター、ピエール=アレクシス・デュマ氏(左)
アーティストのエマニュエル・ソーニエ氏
アーティストのエマニュエル・ソーニエ氏
キュレーターの説田礼子氏
キュレーターの説田礼子氏

最終更新日 21/07/2017

このページのトップへ戻る