フランスのロックバンド「ラスト・トレイン」、サマーソニックに出演 [fr]

 フランスの代表的な野外音楽フェスティバル「ユーロケエンヌ・ド・ベルフォール」に出演したアルザス地方出身のロックバンド「ラスト・トレイン」が8月19日(土)、サマーソニック東京に出演します。

 日本最大級のロックフェスティバル「サマーソニック」と、フランスの代表的な野外音楽フェスティバル「ユーロケエンヌ・ド・ベルフォール」が2015年にパートナーシップを結んで以来、日仏のアーティストが双方のステージに登場しています。

 今年は7月にフランス東部のベルフォール市で開催された「ユーロケエンヌ」に、日本からシンガーソングライター・ギタリストのReiが出演、8月に千葉市で開催される「サマーソニック東京」には、フランスのアルザス地方出身のラスト・トレインが出演します。 

Last Train
Rei

 

ラスト・トレイン

 2015年にデビューして以来、フランス国内のライヴ・ハウスを中心に多数のツアーを敢行。ハイレベルのステージ・パフォーマンスで注目を集め、ロックフェスティバルにも出演を果たしました。王道のロックサウンドが躍動する日本デビューアルバム『ウェザリング』を引っさげて、サマーソニックに初登場します。

 日時・会場 8月19日(土)13時30分より、サマーソニック東京会場、ガーデン・ステージ

Rei(レイ)

 卓越したギタープレイとボーカルで話題のシンガー・ソングライター、ギタリスト。幼少期をニューヨークで過ごしたReiは、4歳でクラシックギターを始め、5歳でブルーズに出会い、ジャンルを超えた独自の音楽を作り始めました。

 8月19日(土)12時30分より、サマーソニック東京のガーデン・ステージに出演します。

関連リンク

最終更新日 28/07/2017

このページのトップへ戻る