リビアに関する共同声明 [fr]

 国際連合の行動を支持し、スキラット合意履行の一環として、とりわけアフリカ連合、ヨーロッパ連合、アラブ連盟をはじめとする国際機関がリビアに対して取ったイニシアティブを考慮に入れながら、リビアの友好国およびパートナー諸国、中でもエジプト、アルジェリア、アラブ首長国連邦、モロッコ、チュニジア、イタリアがここ数カ月に進めた努力を強調しつつ、

 フランス共和国のエマニュエル・マクロン大統領は2017年7月25日、国民合意政府大統領評議会のファイズ・シラージュ議長、リビア国民軍のハリーファ・ハフタル司令官をラ・セル・サン=クルーに招き、リビア危機の解決に貢献することを希望しました。

Photo : F. de La Mure / MEAE
Photo : F. de La Mure / MEAE
Photo : F. de La Mure / MEAE
Photo : F. de La Mure / MEAE
Photo : F. de La Mure / MEAE
Photo : F. de La Mure / MEAE
Photo : F. de La Mure / MEAE
Photo : F. de La Mure / MEAE
Photo : F. de La Mure / MEAE
Photo : F. de La Mure / MEAE
Photo : F. de La Mure / MEAE
Photo : F. de La Mure / MEAE
Photo : F. de La Mure / MEAE
Photo : F. de La Mure / MEAE
Photo : F. de La Mure / MEAE
Photo : F. de La Mure / MEAE
Photo : F. de La Mure / MEAE
Photo : F. de La Mure / MEAE
Photo : F. de La Mure / MEAE
Photo : F. de La Mure / MEAE
Photo : F. de La Mure / MEAE
Photo : F. de La Mure / MEAE
Photo : F. de La Mure / MEAE
Photo : F. de La Mure / MEAE
Photo : F. de La Mure / MEAE
Photo : F. de La Mure / MEAE

 
 今般のイニシアティブは、7月25日に意見交換に参加したガッサン・サラメ国連事務総長新特別代表の任務を全面的に支持するものです。フランスの目標は、政治的解決案の策定に貢献することと、スキラットのリビア各派間政治合意の実効性と包括性を高めるため、リビア国民が当該合意を強化することを助けることです。

 ラ・セル・サン=クルー会合は、すでにアブダビ、カイロ、アルジェリアで、さまざまなレベルで行われた会談の延長線上にあり、それらにおける合意要素を再び取り上げます。すべての善意のアクターが参加する包括的で充実したリビア各派間対話の継続をめざします。

 この枠組みにおいて、出席したリビアの当事者により、以下の声明が採択されました。

 「我々、リビア大統領評議会のファイズ・シラージュ議長と、リビア国民軍のハリーファ・ハフタル司令官は2017年7月25日、フランス共和国大統領の招待を受けて、ガッサン・サラメ・リビア担当国際連合事務総長特別代表の同席のもと、国民和解という大義を進展させるため、ラ・セル・サン=クルーで会談し、以下のとおり合意した。

1. リビア危機の解決は政治的解決よりほかになく、平和的に参加する用意がある国の制度、安全、軍事にかかわるアクターも含め、リビア全国民を結びつける国民和解プロセス、すなわち難民・避難民の安全な帰還、移行期正義・賠償・国民的恩赦プロセスの実施、リビア各派間政治合意の安全対策に関する第34条の適用を経る。

2. 我々はリビア各派間政治合意および国際条約に従って停戦すること、対テロ対策から生じるとは厳密に言えないもののために、いかなる武力行使も慎むことを約束するとともに、リビアの領土と主権を保護するため、領土の安定を脅かすものすべてを断固として非難する。

3. 我々はリビアで、権力の分立および平和的移行と人権尊重を保証し、統一された国の諸機関、中でも中央銀行、国営石油会社、リビア投資庁を備えた、主権を有する文民的、民主的な法治国家の建設に取り組む。当該国は市民の安全、領土の一体性、国家主権を保障するとともに、リビア全国民の利益になるように自然資源と財源の適正な管理を確保しなければならない。

4. 我々は国連事務総長特別代表の公正な作業に支えられながら、2015年12月17日付政治合意を実効性のあるものにし、2017年5月3日のアブダビ会合の延長線上で政治対話を継続する決意である。

5. 我々は代議院と国家最高評議会が全面参加する包括的政治対話となるべき、国連事務総長特別代表の協議と作業を支援するために可能な限り全力を尽くす。

6. 我々はラ・セル・サン=クルー会合の枠外でも、本声明を尊重しながら対話を継続し、代議院、国家最高評議会、国家最高選挙委員会の次期選挙準備に向けた作業に適した環境を醸成することを約束する。

7. 我々は希望する戦闘員が正規軍に入隊するために全力を尽くし、その他の戦闘員の武装解除、復員、市民生活への復帰を呼びかける。リビア軍は、リビア各派政治合意第33条を順守しながら、リビア領土の防衛を確保する正規軍隊により構成される。

8. 我々は脅威およびあらゆる種類の不正取引に対するリビア領土の安全保障と防衛のため、ロードマップの策定に取り組むことを決めた。我々は、テロとの戦いで連携するため、リビア領土を通過する移民の流れを確実に制御するため、国境を管理し、その安全を確保するため、リビアを道具化し、地中海中部を不安定化する組織的犯罪網と闘うため、軍および治安機関の再統合の一環として、対立するすべての治安部隊と軍隊が当該計画に加わるべく尽力する。

9. 我々は2017年7月25日以降、可及的速やかに、関係機関と協力しながら、国連の支援と監督の下で、大統領選挙と議会選挙の実施に向けて尽力することを正式に約束する。

10. 我々は国連安全保障理事会に対して本声明の方針を支持すること、国連事務総長特別代表に対してリビアのさまざまなアクターと必要な協議に入ることを要求する」

PDF - 26.1 kb
共同声明(フランス語)をダウンロード
(PDF - 26.1 kb)
PDF - 25.5 kb
共同声明(英語)をダウンロード
(PDF - 25.5 kb)

 

エマニュエル・マクロン大統領がラ・セル・サン=クルー会合で演説

最終更新日 06/09/2017

このページのトップへ戻る