フランスのスポーツ関連企業7社が来日 [fr]

 スポーツイベント関連のフランス企業7社が9月11日(月)から14日(木)まで、「フレンチ・ジャパン・スポーツ・デイズ」の一環として来日し、日本のスポーツ関連産業の意思決定者やパートナー企業、大規模スポーツ競技大会の主催者などに、フランスの経験やノウハウを紹介します。

 フランス貿易投資庁-ビジネスフランスが率いるフランス企業代表団は、2019年ラグビーワールドカップ日本大会や2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会など、大規模スポーツイベント開催を数年後に控えた東京を訪問します。今回来日する企業7社は、スポーツインフラ、イベントオーガナイザー、スポーツウェア・用品、ホテルチェーンなど、大型スポーツイベント開催に必要となる設備やサービスの専門企業です。来日企業の代表者が9月12日(土)、千葉・幕張メッセで開催されるスタジアム&アリーナ2017展で講演を行います。

スタジアム&アリーナ2017:コンファレンス-セッション4B

テーマ:フレンチコネクション~これまでの代表的スポーツイベントの教訓から今後の主要スポーツイベントを成功させるキーファクターとは~
日時:9月12日(土)16時30分より
会場:幕張メッセ国際展示場7ホール・オープンフォーラムエリア
詳細:イベント公式ホームページ

JPEG

PDF - 464.7 kb
ビジネスフランスのプレスリリースをダウンロード
(PDF - 464.7 kb)

最終更新日 31/08/2017

このページのトップへ戻る