イラクのアバーディー首相がパリを訪問 [fr]

 イラクのハイダル・アル=アバーディー首相が10月5日、エマニュエル・マクロン大統領の招待に応えて、フランスを公式訪問しました。この招待はジャン=イヴ・ル・ドリアン・ヨーロッパ・外務大臣が8月26日にイラクを訪問した際、アバーディー首相に伝えました。

JPEG

 ハイダル・アル=アバーディー首相はエマニュエル・マクロン大統領に迎えられたほか、ジャン=イヴ・ル・ドリアン・ヨーロッパ・外務大臣、フロランス・パルリ軍事大臣と会談しました。アバーディー首相は、とりわけイラクの復興と経済発展への協力を希望するフランス企業と面会しました。

 ダーイシュ(「イスラム国」)支配地域の奪還がここ数週間で大きな進展を見せた中、フランスはあらゆる分野でイラクとの関係に新たな弾みをつけるとともに、イラクとの協力活動、経済関係、政治対話を発展させたいと願っています。フランスは復興、国民和解、包括的な統治の実施という大きな課題に立ち向かうのを助けるため、イラク当局の側に立ち続けます。

関連記事

最終更新日 17/01/2019

このページのトップへ戻る