京都大学とフランス国立科学研究センターが協力覚書を更新 [fr]

 京都大学の山極壽一総長とフランス国立科学研究センター(CNRS)のアラン・フックス総裁は10月1日、両機関が2013年に締結した研究協力に関する覚書を4年間更新する文書に署名しました。署名式は第14 回STSフォーラム年次総会が開催されていた京都市で行われました。

JPEG

 この覚書によって、両機関の研究チームの協力強化に適した長期的な枠組みが維持されます。両者間では特に科学と物理の分野で、すでに活発な協力が行われています。これらの協力は、「フォトニック・アプリケーションに向けたキラルナノ構造体」、「協調的・相乗的な応答性を有する光反応性ナノマテリアル」、「光や電場に対して応答する物質、その応答ダイナミクス」をそれぞれテーマとする3つの国際共同研究所の設置につながりました。

 さらに覚書が更新されたことで、2015年に開始したイノベーションと技術移転に関するパートナーシップの継続も可能になりました。このような特定のテーマに絞った協力は先例がなく、CNRS職員1名が京都大学に2年間派遣され、大学の研究所で開発された新技術を日仏双方の企業に紹介することによって具体化が進みました。次の段階は、企業と、CNRSと京都大学の研究者の間で連携研究を発展させることが目標です。

最終更新日 17/10/2017

このページのトップへ戻る