日仏討論会「社会問題解決の取り組みをどうビジネスにするか?」 [fr]

 日仏討論会「社会問題解決の取り組みをどうビジネスにするか?」が11月20日(月)、東京都目黒区のインパクト・ハブ・トーキョーで、11月22日(水)には福岡県の福岡市スタートアップカフェで開催されます。グローバル・ソーシャル・ビジネス・サミット2017が11月初めにパリで開催されるなど、ソーシャル・ビジネスは今注目のテーマです。

L'innovation sociale : facteur de croissance pour l'entreprise ? - PNG

 マイクロクレジットの創始者であるムハマド・ユヌス氏により導入された社会的企業は、さまざまな形態をとり、多種多様な問題(障害者の社会参加、健康的な食生活、ミレニアム開発目標など)の解決に取り組んでいます。ソーシャルイノベーターには共通点があります。彼らは利益それ自体が目的ではなく、社会をポジティブな方向に進化させる一つの手段だと考えています。

 このような社会的目標と企業の存続可能性を両立させるには? NGOと比較して、これらの社会的企業がもたらし得るものは? 大企業の中でソーシャルイノベーションは可能? 大企業とソーシャルイノベーションのスタートアップ企業は協働できる?日仏のソーシャルイノベーション・エコシステムの現状は?

 持続可能な都市に関するコンサルティングとイノベーションを提供するヴェオリア・グループ傘下の2EI社長のエリック・ルシュウール氏と、グローバル・コンソーシアムINCO(18カ国展開)創業者で、パリ市戦略評議会議長のニコラ・アザール氏が、東京と福岡の会場で、これらのテーマをめぐって具体例を挙げながら、日本のソーシャルイノベーション専門家と対談します。

 大勢の皆さまのご来場をお待ちしています。

サラ・ヴァンディ
書籍・グローバル討論会担当官


東京会場

【日時】 11月20日(月)18時30分~20時30分(開場 18時)
【会場】 Impact HUB Tokyo
【詳細・事前申し込み】 アンスティチュ・フランセ東京
入場場無料、同時通訳付
プログラム(PDF)をダウンロード
※討論会終了後、ネットワーキング・カクテルあり(参加費1名3,000円)

【パネリスト】 ニコラ・アザール(グローバル・コンソーシアムINCO創業者)、エリック・ルシュウール(ヴェオリア・グループの2EI社長)、加藤遼(株式会社パソナ、ソーシャルイノベーション部副部長)、槌屋詩野(株式会社Hub Tokyo代表取締役、Impact HUB Tokyo共同創業者)

Impact² - JPEG ニコラ・アザール氏は東京の討論会に際し、女性社会起業家を顕彰するIMPACT²賞の日本人受賞者に賞を授与します。東京や横浜をはじめとする関東地方で、社会起業家として活躍されている女性の方、日本の大企業の中で社会をポジティブな方向に進化させるために尽力されている女性の方はいらっしゃいませんか?
 このINCO主催のコンクールに参加をご希望される方は、応募用紙(英語)をダウンロードの上、2017年11月13日(月)までにご応募ください。


福岡会場

【日時】 11月22日(水)18時30分~20時30分(開場18時)
【会場】 福岡市スタートアップカフェ
【詳細・事前申し込み】 アンスティチュ・フランセ九州
プログラム(PDF)をダウンロード
入場無料、同時通訳付

【パネリスト】 ニコラ・アザール(グローバル・コンソーシアムINCO創業者)、エリック・ルシュウール(ヴェオリア・グループの2EI社長)、岡田昌治(九州大学ユヌス&椎木ソーシャルビジネス研究センター エグゼクティブ・ディレクター、ニューヨーク州弁護士)、田口一成(株式会社ボーダレス・ジャパン代表取締役社長)

最終更新日 22/11/2017

このページのトップへ戻る