サウジアラビアに向けてミサイル発射 [fr]

 フランスは、反政府組織フーシが11月30日、イエメンからサウジアラビア南部に向けて行ったミサイル発射を非難します。

 私たちはサウジアラビアが直面する脅威に対し、同国の側に立つとともに、同国の安全保障に対する支持を改めて表明します。

 イエメンの当事者は、危機解決に到達するため、前提条件なしに交渉を再開しなければなりません。フランスはこの目的に向けたイスマイール・ウルド・シェイク・アハメド国連事務総長特使の調停努力を支持します。

最終更新日 17/01/2019

このページのトップへ戻る