宇宙物理実験:高出力レーザーを用いた宇宙物理の解明 [fr]

エコール・ポリテクニーク・高強度レーザー研究所(LULI)のミシェル・クニグ、アレッサンドラ・ラヴァジオ両研究員と、九州大学の森田太智助教授が、日仏交流促進事業「Sakuraプログラム」の支援を得て進めている研究事業を紹介します。

 宇宙の観測ではこれまで数多くの進展があるにもかかわらず、宇宙の天体現象としての未解決な問題がいまだに多く存在しています。宇宙の未解決な問題への理解を深めるため、実験室に宇宙と類似の現象を再現する試みを行っています。

PDF - 229.6 kb
レポート全文をダウンロード
(PDF - 229.6 kb)

SAKURAプログラムについて

 本プログラムは、フランス側はヨーロッパ・外務省と高等教育・研究・イノベーション省、日本側は独立行政法人日本学術振興会の支援を得て、若手研究者間の新たな協力を促進するとともに、日仏両国の研究機関・大学間で学術・技術交流を発展させることを目的とします。

最終更新日 19/12/2017

このページのトップへ戻る