ル・ドリアン・ヨーロッパ・外務大臣が地域圏議長と会合開催 [fr]

 ジャン=イヴ・ル・ドリアン・ヨーロッパ・外務大臣は12月20日、対外貿易の改革について協議するため、フランス全国の地域圏議長と2回目の会合を開催しました。ジャン=バティスト・ルモワンヌ・ヨーロッパ・外務副大臣も会合に出席しました。

 ビジネスフランスのクリストフ・ルクルティエ新総裁は、ジャン=イヴ・ル・ドリアン・ヨーロッパ・外務大臣、ジャック・メザール国土団結大臣、ブリュノ・ル・メール経済・財務大臣の要請を受け、フランスが特に中小企業をはじめとする輸出企業数の面で、ヨーロッパのパートナー諸国に取っている遅れを取り戻すことを目標に、輸出企業支援体制の実効性強化に向けた改革の主な道筋をまとめました

 2015年8月7日の新しい地方組織に関する法律の公布以来、権限が強化された地域圏は、輸出企業支援体制の改革において中心的な役割を果たします。

 ル・ドリアン大臣はこの日の会合で、ルクルティエ報告書の結論を各地域圏議長に紹介しました。次いで、商工会議所やビジネスフランスをはじめとする国内の関係機関との協力強化について、報告書の勧告を実施するための協議プロセスを開始しました。商工会議所とビジネスフランスは、総合的なサービスとデジタルプラットフォームを各地域圏に提供し、それを基盤として企業向け総合窓口を設置することができます。

 ナタリー・ロワゾー・ヨーロッパ問題担当大臣がこの機会に、12月15日のヨーロッパ理事会(EU首脳会議)を受けて、イギリスのヨーロッパ連合(EU)離脱の課題について説明を行いました。

最終更新日 17/01/2019

このページのトップへ戻る