マクロン大統領がイスラエルのネタニアフ首相と電話会談 [fr]

 エマニュエル・マクロン大統領は1月13日、イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相と電話で会談しました。

 マクロン大統領はイラン核合意を堅持する重要性と、すべての当事国がこの合意の枠内で約束を順守する必要性を改めて表明しました。

 両首脳はフランスが2017年9月に提案したように、弾道ミサイルに関する側面と、イランの地域における行動を検討する必要性について指摘しました。

 両首脳は12月10日に行った意見交換に引き続いて、イスラエル・パレスチナ和平プロセスの問題についても取り上げました。

最終更新日 15/01/2018

このページのトップへ戻る