リビアの化学兵器廃棄完了 [fr]

 フランスのヨーロッパ・外務省は1月12日、リビアの化学兵器備蓄品の廃棄完了を歓迎する声明を発表しました。

 フランスはリビアの化学兵器備蓄品の廃棄完了と、化学兵器禁止条約への適合化を歓迎します。

 フランスは、リビアの化学物質の前駆体を自国に受け入れ、安全と環境保全に関する適切な条件下で、それらの完全廃棄を完遂したドイツの作業にも敬意を表します。

 今回の作業は、フランスのほか、カナダ、デンマーク、アメリカ、フィンランド、イタリア、マルタ、オランダ、イギリスといった化学兵器禁止条約締約国の技術的・財政的支援によって可能になりました。

 化学兵器禁止機関が作業全体を管理し、目覚しい働きをしたことで、この結果に達することができました。

 192カ国が化学兵器禁止条約を批准しています。フランスはすべての国が批准し、この条約に適合するよう促します。

最終更新日 15/01/2018

このページのトップへ戻る