フランス・クウェート外相会談 [fr]

 ジャン=イヴ・ル・ドリアン・ヨーロッパ・外務大臣は1月17日、クウェート国のシェイク・サバーハ・アル・ハーリド・アル・サバーハ副首相兼外務大臣の訪問を受けました。

ジャン=イヴ・ル・ドリアン・ヨーロッパ・外務大臣と、クウェート国のシェイク・サバーハ・アル・ハーリド・アル・サバーハ外務大臣
ジャン=イヴ・ル・ドリアン・ヨーロッパ・外務大臣と、クウェート国のシェイク・サバーハ・アル・ハーリド・アル・サバーハ外務大臣
© F. de La Mure/MEAE
ジャン=イヴ・ル・ドリアン・ヨーロッパ・外務大臣と、クウェート国のシェイク・サバーハ・アル・ハーリド・アル・サバーハ外務大臣
ジャン=イヴ・ル・ドリアン・ヨーロッパ・外務大臣と、クウェート国のシェイク・サバーハ・アル・ハーリド・アル・サバーハ外務大臣
© F. de La Mure/MEAE
ジャン=イヴ・ル・ドリアン・ヨーロッパ・外務大臣と、クウェート国のシェイク・サバーハ・アル・ハーリド・アル・サバーハ外務大臣
ジャン=イヴ・ル・ドリアン・ヨーロッパ・外務大臣と、クウェート国のシェイク・サバーハ・アル・ハーリド・アル・サバーハ外務大臣
© F. de La Mure/MEAE

 
 ル・ドリアン大臣はザハーハ・ハーリド大臣に対し、クウェートが国連安全保障理事会非常任理事国に選出されたことについて祝意を表しました。同国は2018年1月1日から2年間の任期を務めます。両大臣はクウェートが2月に議長国を務める安保理によって扱われる主要案件の現状について確認しました。

 意見交換は主に両国共通の優先課題である地域の人道危機をめぐって行われました。地域対話を推進し、アラブ諸国で唯一の安保理非常任理事国であるクウェートは、フランスの重要なパートナーです。両大臣はシリアと同様にイエメンについても、これらの危機の政治的解決とともに、困窮状態にある住民への安全で継続的かつ妨害なき人道アクセスを確保する緊急性を改めて指摘しました。ル・ドリアン大臣はイラクについて、とりわけ2月12日から14日まで開催予定のイラク復興支援会議を主導するクウェートへのフランスの支持を表明しました。さらに湾岸アラブ諸国協力理事会(CCASG)内の緊張緩和に向けたクウェートの努力に対する支持も重ねて表明しました。ル・ドリアン大臣は次回のクウェート訪問を確認しました。

 両大臣はフランコフォニー、経済、大学間交流、健康の各分野で、両国の協力を強化するため、2国間で進めるべき行動についても検討しました。

最終更新日 18/01/2018

このページのトップへ戻る