横浜ダンスコレクション2018で『Parade for the End of the World』上演 [fr]

 「横浜ダンスコレクション2018」が2月2日(金)から18日(日)まで、横浜赤レンガ倉庫1号館をメイン会場に開催されます。今年のクロージングプログラムとして、ジェレミー・ベランガール、渋谷慶一郎、ジュスティーヌ・エマールの『Parade for the End of the World』が、2月15日(木)から4日間にわたって上演されます。

横浜ダンスコレクション2018、『Parade for the End of the World』 - JPEG

 3人のアーティストは2016年5月、この作品をパリ日本文化会館で初演しました。ジャン・コクトー、パブロ・ピカソ、レオニード・マシーン、エリック・サティが手掛けたバレエ『パラード』(1917年)に着想を得た詩的航海は、3人のアーティストの世界を一堂に集め、彼らのコラボレーションに一つの形を与えました。

 3人の声が響き合う作品を、各アーティストが紹介します。
 

JPEG - 26.2 kb
© Anne Deniau

 「われわれは彼らの内に秘めた反逆心や、知っているところから遠くに行きたいという欲求を共有していると思います。私は何か今まで一度もやったことがないことをやりたい、自分を危険な状態に置いてみたい、たとえ世間の物笑いになるリスクがあるとしてもです。私は同じ欲求に駆られたアーティストと出会うのが好きです。(・・・)この作品は終わりへのカウントダウンのようですが、われわれは終わりという概念を劇的な意味で提示したくはありません。終わりは、現在を考える助けになるのです」

ジェレミー・べランガール
パリ・オペラ座バレエ団エトワール


 
 
 
 
 

JPEG - 23.3 kb
© Franklin Bélingard

 「人間の生活に入り込む機械、人間の堕落、奇抜な言動、それが私の創作意欲を刺激するイメージです。解剖学的なものからテクノロジー的なものまで、原始時代の洞窟から世界の終わりまで、ビデオ作品はまるで3人目の登場人物のように、ハイブリッドな技術形式を演出します。(・・・)今日、アーティストは自らを観察者として位置づけ、自身を取り巻く世界と注意深く折り合いをつけなければなりません。(・・・)私たちはテクノロジー自体に頼ることなく、テクノロジーの美学を徹底的に演出しています」

ジュスティーヌ・エマール
造形美術作家、写真家、映像作家


 
 
 
 
 

JPEG - 21.2 kb
© Niihara Yurina

 「私は始まり、というより終わり、という概念に基づく作品をつくりたいと常に思ってきました。(・・・)私はいつも、世界を遠くから、対岸から見ている感覚を持っていたのです。私の音楽は、世界が終わりを迎えた時、自分ひとりが生き残った時に響き渡るようなものです。(・・・)作品は、15分ずつの3部構成になっています。最初の部分はサティの音楽の特徴を忠実に再現しています。この曲は非常に断片的で、4小節ごとに、メロディとリズムが変化します。(・・・)第2部はより即興的なものです。(・・・)第3部は第1部をアレンジしていますが、リミックスと解体という形をとっています」

渋谷慶一郎
音楽家


 
 
 

関連リンク

最終更新日 26/01/2018

このページのトップへ戻る