国連コンゴ民主共和国安定化ミッションに対する攻撃 [fr]

 フランスのヨーロッパ・外務省は1月29日、国連コンゴ民主共和国安定化ミッション(MONUSCO)に対する攻撃を非難する声明を発表しました。

 フランスは1月27日にバラカ(南キヴ州)で発生した攻撃を非難します。この攻撃でパキスタン人要員の1人が死亡、1人が負傷しました。

 私たちは犠牲者のご家族、パキスタン当局、国際連合に哀悼の意を表します。併せて負傷者の早期回復を祈念します。

 フランスはコンゴ当局に対し、この攻撃の責任者が裁判で責任を負うために、全容を究明するよう呼びかけます。

 フランスはMONUSCOとその部隊の安定化活動に対し、全面的な支持を重ねて表明します。

最終更新日 30/01/2018

このページのトップへ戻る