ル・ドリアン・ヨーロッパ・外務大臣が韓国を訪問 [fr]

 ジャン=イヴ・ル・ドリアン・ヨーロッパ・外務大臣は2月9日から11日まで、韓国を訪問します。ル・ドリアン大臣はエマニュエル・マクロン大統領の代理として、ローラ・フレセル・スポーツ大臣とともに、平昌冬季オリンピック大会開会式に出席します。フランスは、韓国にとって歴史的な時を迎える平昌オリンピックの開催を支持し、その大成功を祈念します。

 ル・ドリアン大臣は訪韓中、2月10日に韓国の康京和外交部長官と会談し、北朝鮮の核危機について取り上げます。私たちは最近の南北対話の進展が、朝鮮半島の非核化に向けた議論につながることを望んでいます。両大臣は主要なグローバルな課題(とりわけテロ対策や気候変動に対する行動)、経済分野における2国間関係の強化(イノベーションと相互投資)や大学間・学術協力(学生移動)、安全保障・防衛分野における協力などの展望についても取り上げる予定です。韓国はフランスにとってアジア第4位の貿易相手国です(2016年の貿易額は73億ユーロ、フランスの貿易収支は2011年より黒字)。

 ル・ドリアン大臣はソウルで、在韓国フランス大使館新庁舎建設工事の起工式に出席します。さらに韓国に進出したフランス企業の代表者や韓国の投資家とも面会します。

最終更新日 07/02/2018

このページのトップへ戻る