コソヴォ独立10周年 [fr]

 フランスは2月17日、今年独立10周年を迎えるコソヴォの国家の日に際し、同国に祝意を表します。

 フランスはコソヴォを最初に承認した国の一つです。フランスは常にコソヴォの側に立って、国際的地位の確立、諸制度の強化、法治国家の構築とヨーロッパとの歩み寄りに必要な経済・社会改革の推進のための努力を支援しました。

 ヨーロッパ委員会により2月6日に発表された戦略が示すように、ヨーロッパ連合(EU)は西バルカン諸島に特別な注意を払っています。その中で、西バルカン諸国のEU加盟の適性とともに、前進するために必要な改革が明確に確認されています。課題は大きく、プロセスも厳しいですが、コソヴォはフランスが併走して支援することを期待できます。

 フランスはコソヴォとセルビアの関係の完全正常化に向けた努力の継続も重視します。これは地域の安定と両国のEU加盟に向けた展望にとって極めて重要です。そのため、フランスはEUの権限下で進められる対話を全面的に支持します。

最終更新日 19/02/2018

このページのトップへ戻る