フランスの音楽専門チャンネル「Mezzo Live HD」が日本上陸 [fr]

 フランスの音楽専門チャンネル「Mezzo Live HD(メッゾ・ライヴ・HD)」が3月9日より日本で配信されることが、2日に在日フランス大使館で行われた記者会見で発表されました。

JPEG - 295.2 kb
(写真左から)ジャン=ルネ・オクチュリエ氏、長澤一史氏、クリストフ・ヴィンケル氏、
カロリーヌ・コショー氏、ピエール・コリオ氏、Huluシニア・マネージャーの関根恭子氏、
イトニング・インターナショナル代表取締役社長のジェームス・ロス氏

 会見にはピエール・コリオ文化参事官/アンスティチュ・フランセ日本代表、カロリーヌ・コショー氏(ラガルデール・アクティブ代表取締役社長)、クリストフ・ヴィンケル氏(メッゾ代表取締役社長)、ジャン=ルネ・オクチュリエ氏(ラガルデール・アクティブ営業統括本部長・新規顧客開発部長)、長澤一史氏(HJホールディング株式会社取締役・チーフコンテンツオフィサー)らが出席しました。 

 クラシック音楽、ジャズ、ダンスを専門とするフランスの音楽チャンネル「メッゾ」は、ヨーロッパ地域では「メッゾ」と「メッゾ・ライヴ・HD」を通して、アジア太平洋・北米地域では「メッゾ・ライヴ・HD・モンド」を通して、世界61カ国、5,650万世帯の会員に配信されています。

 「メッゾ・ライヴ・HD」は3月9日、動画配信サービス「Hulu(フールー)」を介して日本でも配信を開始します。

 コリオ文化参事官は記者会見で、「メッゾ・ライヴ・HD」がフランス国際放送「TV5MONDE(テヴェサンクモンド)」に続いて、日本で閲覧できる2番目のフランスのチャンネルであることを改めて指摘しました。さらに「メッゾ・ライヴ・HD」の日本上陸が、一流演奏家や名門バレエ団が出演する数多くのクラシックコンサートやジャズ・フェスティバルを、日本にいながらにして高画質・高音質で楽しめる機会となることを希望しました。「メッゾ」はさまざまなイベントを収録したコンテンツを年間150本以上共同制作し、そのうち30本をライブ配信しています。

PDF - 325.2 kb
プレスリリースをダウンロード
(PDF - 325.2 kb)

関連リンク

最終更新日 08/03/2018

このページのトップへ戻る