第2回R&Dクラブ開催報告 [fr]

 R&Dクラブの第2回会合が2月2日、東京・港区の在日フランス大使館で、知的財産をテーマに開催されました。

 R&Dクラブは、共通の関心事であるさまざまなテーマ群をめぐり、日本で研究とイノベーションに取り組むフランスの学術界や産業界の関係者の集まりです。同クラブの会合は異分野間協力を促進し、日本の研究エコシステムに対する理解を深めるとともに、基幹分野のグッドプラクティスを共有することを目的とします。

 R&Dクラブの第2回会合にはアンヌ=カトリーヌ・ミルロン知的財産地域参事官が招かれ、日本の知的財産に関する最新の進展と事例が紹介されました。

 今回の会合は大勢の参加者が集まり、オープンな雰囲気の中で行われ、ローラン・ピック駐日フランス大使の出席を得て成功裏に終わりました。意見交換や質疑応答にも多くの時間が割かれ、日仏科学協力における知的財産関連の課題に対する関心の高さが示されました。

 R&Dクラブの責任者を務めるジャン=クリストフ・オフレ科学技術参事官は、同クラブの会合を年2回開催することを発表しました。第3回会合は2018年秋に開催される予定です。

第2回R&Dクラブ(2018年2月2日) - JPEG

最終更新日 25/10/2018

このページのトップへ戻る