日仏の懸け橋:三浦まり「日本はフランスの経験から多くを学べます」 [fr]

 上智大学法学部の三浦まり教授が日本の女性が置かれている状況、日本人女性の政治的・経済的地位、この分野におけるフランスとの協力について語りました。

 三浦まり教授はカリフォルニア大学バークレー校で政治学博士号を取得した、現代日本政治、福祉国家論、ジェンダー研究の専門家です。三浦教授はとりわけ女性の政治参画の問題や、男女の平等な政治参画を促すフランスの概念「パリテ」に関心を持っています。

最終更新日 08/03/2018

このページのトップへ戻る