科学技術部 [fr]

 フランス大使館科学技術部(SST)は、日仏両国の研究者ならびに研究機関のパートナーシップの推進を使命とします。

 SSTは日本と同様にフランスの研究所、大学、研究機関、企業、クラスター、高等教育・研究・イノベーション省管轄のすべての機関が、2国間の研究技術協力を始動、または発展できるよう導きます。

 SSTは科学技術参事官の下、デジタル・グリーンテクノロジー部門と生命科学・医学・環境・材料部門で構成されています。

SSTの組織図

JPEG

SSTの2部門

SSTの活動、4つの軸

1) 渡航費助成プログラムを通じた、学生や研究者間の交流のサポート

PDF - 734.6 kb
Funding schemes to support French-Japanese S&T collaborations (English version)
(PDF - 734.6 kb)

2) 新たな日仏協力へつながるセミナーや講演会の開催、専門家の招へい

3) 科学技術政策、研究開発、各部門の関連分野に関するイノベーションと研究開発戦略の動向調査と分析を、電子版ニュースレターや専門レポートによって配信

4) 日仏の科学技術交流、2国間協力の促進

 SSTは科学分野のほかにも、以下の具体的な活動を通じて支援を行っています。

  • 相手国のパートナー機関の特定、話し合いの最初のステップのサポート
  • 両国の機関の交流のきっかけとなる学術イベント(セミナーやシンポジウム)の開催
  • SSTが担当する分野の公的機関来日の調整 (フランス議会科学技術選択評価局など国会議員代表団、フランス国立研究機構などの研究助成機関、フランス国立情報学自動制御研究所などの研究機関、日本に代表事務所を持つフランス国立科学研究センターなど)

協力・連携

在日フランス大使館内他部署との協力・連携

外部機関との連携

科学技術部の日本の主要なパートナーとの連携

  • 日本のハイテク企業(NTT, Sony, NEX, 東芝 など)

最終更新日 16/10/2018

このページのトップへ戻る