ル・ドリアン・ヨーロッパ・外務大臣がポーランドのチャプトヴィチ外務大臣とパリで会談 [fr]

2018年4月5日

JPEG
 この建設的な最初の会談では、何よりもまず2国間関係が取り上げられました。両大臣は両国の戦略的パートナーシップの協力計画を刷新するため、作業を開始することで一致しました。

 両大臣はヨーロッパ連合(EU)の将来に関する作業、多年次財政枠組み、法の支配の状況といったヨーロッパ問題も取り上げました。ル・ドリアン大臣はこの点について、ポーランドとヨーロッパ委員会の間で始まった対話が具体的な成果につながることに対する期待を改めて表明しました。

 ル・ドリアン大臣は、国連気候変動枠組条約第24回締約国会議(COP24)が今年12月、ポーランドのカトヴィツェで開催されることを歓迎しました。この会議は気候変動に関するパリ協定を履行する上で重要な一歩となります。さらに国連安全保障理事会における良好な協力を重視する考えも伝えました。ポーランドは2019年末まで非常任理事国を務め、5月には議長国を務めます。

最終更新日 06/04/2018

このページのトップへ戻る