2018年4月7日の化学兵器攻撃(シリア・東グータ地区、ドゥーマ)・シリアの違法な化学兵器計画に関する国家評価書 [fr]

 この文書は公開情報源から得た情報と、フランスの機関が入手し、機密指定が解除された情報の専門的な分析によって構成されます。

 ドゥーマの市街地で致死性化学兵器による攻撃が2018年4月7日土曜日の午後遅くに数回行われました。私たちは極めて高い信頼度で、これらの攻撃がシリア政府の行為であると推定します。

PDF - 656.3 kb
国家評価書(フランス語)をダウンロード
(PDF - 656.3 kb)
PDF - 508 kb
国家評価書の英語版をダウンロード
(PDF - 508 kb)
JPEG - 212.8 kb
「フランスと同盟国が収集した要素は、4月7日の化学兵器攻撃における
シリア政府の責任を問うために十分な一連の証拠となる」― 国家評価書

最終更新日 23/04/2018

このページのトップへ戻る