仏・トルコ首脳電話会談 [fr]

 エマニュエル・マクロン大統領は4月14日、トルコ共和国のレジェップ・タイップ・エルドアン大統領と電話で会談しました。

 マクロン大統領は、フランス、イギリス、アメリカがシリア政府の化学兵器能力に対して実施した作戦を支持するトルコの声明に感謝の意を表明しました。

 マクロン大統領は、化学兵器使用への不処罰に対する闘いのためにトルコと着手した共同作業を継続するとともに、国連の公正で強固なメカニズムの設置を実現する意思を強調しました。

 シリアの深刻な人道状況に直面する中、マクロン大統領は一般市民に援助をもたらすため、フランスの行動を強化する決意を強調しました。

 マクロン大統領は、シリアにおいて包括的な政治的解決を実現するため、フランスとトルコの協議が近日中に一層強化されることを希望しました。

最終更新日 02/05/2018

このページのトップへ戻る