京都国際写真祭2018が「UP」をテーマに開催 [fr]

 第6回「KYOTOGRAPHIE京都国際写真祭」が4月14日(土)から5月13日(日)まで、京都市の美術館・博物館やギャラリーのほか、印刷工場跡や老舗帯問屋といった趣の異なる空間など、市内各地の会場で開催されます。

Grace revised and updated, painted photo, New York, 1978 © Jean-Paul Goude
Grace revised and updated, painted photo, New York, 1978 © Jean-Paul Goude
Frank Horvat, For “STERN”, shoes and Eiffel Tower, 1974, Paris, France © Frank Horvat
Frank Horvat, For “STERN”, shoes and Eiffel Tower, 1974, Paris, France © Frank Horvat
Mijanou, 18, who was voted Best Physique at Beverly Hills High School, skips class to go to the beach with friends on the annual Senior Beach Day, Santa Monica, California, 1994, Lauren Greenfield/INSTITUTE
Mijanou, 18, who was voted Best Physique at Beverly Hills High School, skips class to go to the beach with friends on the annual Senior Beach Day, Santa Monica, California, 1994, Lauren Greenfield/INSTITUTE

 
 KYOTOGRAPHIE(キョートグラフィー)は創設5年で、最も重要なアートイベントの一つに数えられるまでになりました。フランス南部のアルル市で開催される写真祭「ランコントル・ド・ラ・フォトグラフィー」に倣って、フランス人のルシール・レイボーズと日本人の仲西祐介の2人が推進した野心的なイニシアティブは、あらゆる芸術の革新を阻みかねない13世紀近い長い歴史を誇る都市に定着することができました。キョートグラフィーは年を重ねるごとに、世界中の有名写真家や有望な若手写真家が参加する多彩で充実したプログラムを確立しました。

 今回は15の写真展と、「UP」をテーマとしたプログラムで構成されます。主催者の言葉を借りれば、私たちは個人的な問題だけでなく、経済、政治、アイデンティティーの課題が常に突きつけられる国際社会の一員として、より広範な問題にも直面していますが、キョートグラフィーはそうした中でネガティブ思考を断ち切り、上を見ること、常により上を見ることの重要性を改めて認識させます。希望とオプティミズムに目を向ける本写真祭には、深瀬昌久、ステファン・シェイムス、ローレン・グリーンフィールド、リウ・ボーリン、森田具海、ギデオン・メンデル、小野規(2017年度ヴィラ九条山 [1]レジデント)、ロミュアル・ハズメ、アルベルト・ガルシア・アリックス、須田一政、林典子、蜷川実花といった卓越した写真家が参加します。

 今回も複数のフランス人写真家が参加します。フランク・ホーヴァットの『Un moment d’une femme(女性の一瞬)』展(東京のシャネル・ネクサス・ホールで今年初めに開催)が嶋臺(しまだい)ギャラリーで、ジャン=ポール・グードの『So Far So Goude』展が京都文化博物館別館で、ジャック=アンリ・ラルティーグの『永遠の少年、ラルティーグ ―写真は魔法だ!―』展が細見美術館で開催されます。1968年のフランス5月革命50周年を目前に控える中、パリのギメ美術館所蔵のクロード・ディディヴォンの作品が、NTT西日本三条コラボレーションプラザで開催される『パリ五月革命―夢みる現実』で一堂に展示されます。未来をよりよく描くために過去を直視する、これがキョートグラフィー2018が取り組む魅力的な挑戦です。

 今回選ばれたテーマの趣旨が多くの賛同を呼び、成果をもたらすことを期待しながら、今年のキョートグラフィーが大成功となることを心から願っています。

フランス大使館文化担当官
アンスティチュ・フランセ日本芸術部門主任
ティエリー・ベイル
PDF - 1.8 Mb
パンフレット(英語)をダウンロード
(PDF - 1.8 Mb)

[1ヴィラ九条山はアンスティチュ・フランセ日本の5支部の1つ で、ベタンクールシュエーラー財団とアンスティチュ・フランセの支援を受けています。

最終更新日 14/05/2018

このページのトップへ戻る